居酒屋アルバイトに関して

居酒屋アルバイト

居酒屋のようなハードな接客業というのは、時給が高いこともあって、女性の間でもかなり人気があるようです。
居酒屋のアルバイトスタッフというと、主に「接客(ホールスタッフ)」と「厨房(キッチンスタッフ)」とに分かれると考えておいて問題ないでしょう。

 

面接時にどちらを希望するかということについて必ず訊かれると思いますが、基本的には希望通りに配属されることが多いようです。

 

ちなみに接客スタッフのアルバイトは、注文をとる、料理や飲み物を運ぶ、空いた皿を下げる、店内の清掃、会計など、お客さんと接点がある仕事であり、厨房スタッフは皿洗い、料理の盛り付け補助、仕込み補助など、ごくごく簡単なものになります。

 

未経験の人でも比較的歓迎されることが多い居酒屋スタッフですが、大手居酒屋チェーンなどの場合、アルバイトとは言ってもきっちりと研修に参加する必要があることも多く、また、マニュアルも完備されていることが多いです。

 

逆に、個人経営の居酒屋は、もちろん研修をしてくれるお店もありますが、基本的には仕事をしながらいろいろなテクニックを身につけなければならないというお店が多く、マニュアルが完備されているようなお店はそれほど多くありません。

 

経験者の中に入っていきなり働くというのはけっこう不安が大きくなるかもしれませんが、しかし未経験者だけではお店として成り立たないですし、仕事をしながらしっかりと仕事を身につけることができるという意味では、未経験の人は個人経営の居酒屋でのアルバイトがおすすめになるかもしれません。

女性の居酒屋アルバイト

居酒屋でアルバイトをしたいと考える女性はけっこう多いです。
居酒屋の仕事は基本的にかなりハードになりますが、その分時給が高いというメリットは何よりも魅力的ですから、女性にも人気が高いと思われます。

 

女性の居酒屋スタッフにとって、その身だしなみはとても大切です。接客の女性スタッフが身だしなみを気にするのは当たり前のことですが、厨房の女性スタッフだってお客さんの目が届く以上身だしなみをしっかりとしなければならないのは言うまでもありません。

 

何しろ、清潔感が命の飲食業界の中でも、やや不安を感じさせるアルバイトの採用率が圧倒的に高いとされるのが居酒屋ですから、厨房で清潔感にかける男女が働いていたなんていうところを目撃されてしまったとすると、それはたいへんなことになってしまいます。

 

その意味では、面接の時点から清潔感だけは重視しておいたほうがよいと言えます。
身だしなみで気をつけなければならないのは、まずは頭髪です。居酒屋の女性スタッフでもけっこう長髪をなびかせているような方もいますが、できることなら髪はまとめておくことが望まれます。それからメイクに関しても、飲食店における常識の範囲内でメイクをすることが重要でしょう。

 

あまりにも濃い化粧をするのはご法度です。
また、ネイルアートを施している女性もいますが、これもできるかぎり清潔感を損なわない程度のアートにとどめることが望まれます。香水関連も、お客さんの鼻に届かないようにしなければなりません。このあたりに気をつけるべきです。