バーの種類と業務の違い

バーの種類と業務の違い

居酒屋などの飲食店に比べて、おしゃれでロマンチックな雰囲気を身にまとうのがバーの特徴です。
アルバイトとしてバーで働いてみたいけれど、
そういった雰囲気のせいでなかなか踏み出せずにいるという人も多いのではないでしょうか?
今回は、バーの種類とともに業務内容の違いを比較していきたいと思います。
最初にご紹介するのがオーセンティックバー、いわゆる皆さんがイメージするおしゃれなバーです。
こちらでは、料理というよりもお酒がメインのバーですから、
働いているうちにカクテルの作り方やお酒に関する深い知識が身に着くことでしょう。
最近よく目にするのが、ダイニングバーと呼ばれるタイプのお店です。
こちらは、お酒とともに味わう料理にも力を入れており、お店によっては料理だけを注文しても特に問題はありません。
レストランにより近いバーなので、オーセンティックバーよりも料理のスキルが求められます。
もちろん、料理初心者の方でもダイニングバーで働いているうちに料理の技術を少しずつ習得出来るのでご安心ください。
スポーツバーやジャズバーなど、お酒を飲みながら何か別のことを楽しめるバーが最近ではずいぶん増えました。
スポーツバーで働くのであれば、スポーツ好きの方が同僚やお客と馴染みやすいことでしょう。
ジャズバーは、音楽好きな人にとって毎日違う音楽と出会える職場といえます。
最近のバーの特徴としてよく見られるのが、お店を貸切にして団体客に貸し出すというものです。
貸切とはいっても、スタッフとして働いている方がイベントをお手伝いすることがしばしばです。

様々なお客の幸せな場面に立ち会えるは、貸切利用を推奨しているバーの特権でしょう。
川崎駅から近くおすすめな居酒屋はこちら!http://kawasaki-zin.com/