従業員がお店の顔に

従業員がお店の顔に

居酒屋といえば、料理やお酒の美味しさだけがお店の利益に繋がると思われがちです。
確かにいくら雰囲気の良いお店であっても、肝心の料理が美味しくなければお客は離れていってしまう一方で、
清潔感や雰囲気作りに欠けていても料理やお酒が美味しいという理由で行列を成しているお店があることも事実です。
しかし、そういったお店は極一部であり、やはり料理やお酒だけでお店が決まるわけでは
無いということを忘れてはいけません。

 

居酒屋の魅力として、近年では店員がお店の看板として活躍することが増えてきました。
店員の胸元にネームプレートを付けて、お客に顔と名前を覚えてもらうことでアットホームな雰囲気を演出しているのです。
こうすることで、料理やお酒をさらに美味しく感じられますし、従業員もやりがいを感じながら働くことが出来るでしょう。
飲食店の店員といえばアルバイトという雇用形態が一般的といえます。
アルバイトという立場は、積極的にお店の経営に関わるよりも、与えられた仕事を黙々とこなすイメージを抱かれがちです。
しかし、アルバイトであってもお店の看板として働くことが出来れば仕事に対する姿勢も変わってきますし、
お店の雰囲気や料理の質も向上されるのです。
お店によっては、従業員の頑張りによって昇給やボーナスを認めているところもあります。
なるべく安い賃金で働かせておいた方がコスト削減になりますが、
アルバイト店員の立場に立ってみると頑張りが認められるシステムの方が働き甲斐を感じられるのです。
人は成長する生き物ですから、コスト削減ばかりではなく
従業員が成長出来る環境を整えてあげることがお店の利益にも繋がるのです。
アルバイト店員をお店の看板に据えるような経営で、お店の質を向上させていきましょう。
サービスの良い新宿の居酒屋といえばこちら