女性をターゲットにした居酒屋作り

女性をターゲットにした居酒屋作り

近年、働く女性にとって居酒屋が憩いの場となっていることをご存知でしょうか?
女性の社会進出が広まると同時に、女性が外食産業を利用する機会が一気に増えたのです。
その中でも居酒屋は、お酒と料理を同時に楽しめるため、
夕飯を食べながら晩酌も済ませられるお店として女性から高い支持を受けています。
そんな女性をターゲットにしたお店作りをすることが、業績に直結しているといっても過言ではありません。
五反田の居酒屋も個室を充実させていて、女性でも安心して利用できるような店内となっています。

 

今回は、女性に好かれるための居酒屋作りの方法を詳しくご紹介します。
何よりも大切なのが、女性でも気軽に入れる雰囲気です。
女性は比較的、おしゃれで洗練された雰囲気のお店に惹かれる傾向にあります。
和洋問わず、一つのテーマで統一しながら清潔感のある雰囲気を目指して、お店の外装やインテリアを工夫しましょう。
女性の高さに合わせたテーブルや小物の配置など、ちょっとした工夫で女性の食いつきは変わってきます。
経営陣に女性がいないお店は、アルバイトの女性店員の意見などを参考にすると良いでしょう。
内装や外装だけでなく、店員の服装も女性は見ています。
従業員に清潔な服装を徹底させましょう。
女性でも食べきれるように、少なめのメニューを準備するのも大切です。
レディースプランと銘打って、
量は少なめだけれどもたくさんのお種類を楽しめるコースなどを用意しておくとリピーターが増えることでしょう。
また、女性は流行に敏感です。
女性の新規顧客をゲットするには、
トレンドの食材を使ったお酒や料理をいち早く開発し、目玉メニューとして宣伝していく必要があります。